>>NIKE id ≪ギフトカード≫はここで使えます! ←クリック!
(公式サイトURL:http://www.nikeid.nike.com/)




ジョーダンシリーズの人気を決定づけたエアージョーダン Yとは?

ハイテク指向をシューズ全体に
印象付けたエアージョーダン Y。

その斬新なデザインは

本田のバイクからヒントを得たとも
いわれているが
真意のほどはなぞである。

ぱっと見て目立つ特
徴てきなシューズデザインは
メッシュレザーやヒールストラップなどだ。

人によって好みがわかれるが、
カーマイン、黒、白/インフラレッドは
デットでもとんでもない価格がついていたという
噂もある。

このシューズは
重さは重くもなく軽くもなく
履き心地よりむしろ
デザインで決める逸品かもしれない。


中古のナイキエアジョーダンを綺麗にするにはどうしたらいいの?

まず素材を確認しましょう。

ナイキのジョーダンシリーズの
アッパー部分は
合成皮革が多いので
“水洗い”で結構です。

ただし洗うときは
スニーカー専用の洗剤が
販売されていますので
オススメです。

その後、日陰でよく乾かしてから
スエード用のブラシでコスルと
見栄えがよくなります。

ただし、一部の限定モデルや
初期モデルの中には本皮のものもありますので
この場合は革靴専用クリーナーが
販売されていますので
水洗いは避けましょう。

また、シューズ専用のクリーニングを
やっているお店もありますので
相談してみるのもいいかもしれません。

戦闘機?エアージョーダン 5 のコンセプトとはなに?

136027004r.jpg

本国のアメリカで超爆発的にヒットした
エアージョーダンシリーズの中でも
もっとも人気のあるシューズといっていい
エアージョーダン5。

デザインのコンセプトは

ずばり

“戦闘機”

とてもシンプルなデザインは
末永くはける逸品だ。

フィット感は良好

特にインソールは柔らかめの
つくりなのに接地した感じも
しっくりといい感じ。

アウトソール内の

“シャンプマン”

は足の裏を友達に見せて
自慢したいくらいかっこいいヾ(´∇`)ノ゙

エアジョーダン 4 RETORO は結構売れたのか?

308497161r.jpg

エアジョーダン 4 復刻版が発売されたのは1999年。

オリジナルとはディティールの部分を除けば
ほとんど見分けがつかないくらいのできでした。

プレスリリース前後は
あまり予約もなくあまり話題にも
なっておりませんでしたが、
発売直前になって人気が出てきたようです。

エアジョーダン4は、
全体的に小さめにまとまっており、
買う場合はワンサイズ上を
検討したほうが無難です。

足首を覆うプラパーツがしっかり
足首を固定しますので
ホールド感は
歴代のエアージョーダンの中でも
ピカイチでした。

オリジナルでは
ふかふか感のあったクッションも
このエアジョーダン4復刻版ではやや硬めの印象。
あまり沈み込まなく路面の感触がダイレクトに
伝わってきます。

写真はエアジョーダン4のレトロのレザータッチ版

ナイキのダンクのProってなに?

SBというのはNIKIの
スケートボードシューズのカテゴリのひとつです。

ProはSBシリーズに合わせて
シュータンを厚いものの変更して
ソールにZOOM AIRを入れたものといわれています。

AIR JORDAN Uはあまり人気がなかった?

控えめなデザインで
比較的簡単に手に入れられた
エアジョウーダンU。

オリジナルシューズとの一番の違いは
シューレスホールの穴の数。

オリジナルは3つの穴に対して
復刻版は4つと一つ多いのが特徴。

ただし3つ穴の復刻版シューズも
市場に流れているとの情報もある。

やわらかめの履き心地にもかかわらず、
ダイレクトに地面の感覚をつかめる。

スニーカー正規価格は1万5800円。

AIR JORDAN T ってなに?

バスケットボールの神様、
マイケルジョーダンが実際に試合や練習で
はいていたシューズがモデルとなっている
伝説のシューズです。

発売前から話題になり、
また、欲しくても手に入らなかった逸品でした。

1996年のナイキブームのころには価格は結構なものに
上昇しました。

履き心地は、フィット感がよく
重さもずいぶん軽く感じられます。

ただし、ソールの減りは早めで
毎日履けば数ヶ月でなくなりそうです。

シューズのそこにはいっているエアーの正体はなに?

ナイキのシューズには
かかとの底に“エアー”と呼ばれているものが
入っているモデルが人気です。

「本当に空気がはいているの?」

と思われる方も多いのではないでしょうか?

実は中に入っているのは空気ではなく
カプセルに閉じ込められた特殊ガス。

NASAの研究員がナイキに
技術を持っていったともいわれています。

「何のためにガスが入っているのでしょうか?」

まずは足が地面から受ける衝撃とは
どのくらいなのもなのか考えていましょう。

例えばバスケットでジャンプシュートをした時に
“着地”にかかる衝撃は体重の10倍といわれています。

また、テニスでのすばやいストップやダッシュでも
体重の3倍ほどの衝撃があるようです。

このようにアスリートたちが
アスファルトや硬い床から
足受ける衝撃は予想以上に大きいのです。

その“着地時”に足首や膝にかかかる負担を
エアーカプセルが分散して軽くしています。

最近では、ジャンプをするときの反動まで考慮をした
つくりも研究されていて
最近は別なジェル素材も使っているようです。

技術の進歩はすごいですね。

シューズのロゴマークとしっくり感の関係はあるのか?

実用的なシューズを購入するときには
自身の足の甲の高低と幅の広狭を把握して
検討することが大事なポイントです。

まず、甲が低いのであれば、
ほとんどのブランドのものが問題なく使えます。

メーカーがスニーカーやシューズを作るときに、
日本人の「足の甲の高さ」「幅の広さ」の2つの特徴が
大きく靴作りに影響しているそうです。

ミズノやアシックスは、
そのポイントをうまくつかんで作られています。
シューズの横についているデザインのアシックスマークや
ランバードマークは実は補強材としての役割もあり
上手い具合に問題解消をしてくれているそうです。


甲が高い方だとサイド部分が
上にひっぱられるシルエットになります。

このため

「大きめのサイズの靴を選び」
「上に引っ張られるサイドの部材でシルエットを整えたり足をホールド」

する必要がでてきます。

ただしデメリットとしては

「前後方向のホールドが甘くなる」

という問題が残ります。


そこで気になるナイクのマークについてですが、
単なるマークでしかない感じでしかないように思われます。
(サイドのホールド間のないデザインであるため)

しかし今では穴を空けて
点線でマークをデザインしいるだけのシューズもあり、
モデルによって異なるようです。

海外ではなぜアディダスの評価が高いのでしょうか?
それは側部がしっかりと補強されているので
ホールド感があり耐久性が高いと評価されているからです。

デザインでとるか?
実用性を突き詰めるか?

使用目的によってもシューズ選びは異なるようです。

長く歩いても疲れにくい定番のスニーカーといえば?

週末のウォーキングや海外旅行で街中を気長に歩き回りたい。
できるだけ疲れにくいシューズ、足が痛くなりにくいシューズを探している。
あまり奇抜なスニーカーや露骨に“ウォーキング!”というものは避け
シンプルなデザインがいい!

といった方に定番なのは「エアフォース 1」だ。

1982年に初のエア搭載のバスケットボールシューズとして登場した「エアフォース 1」。

現在では他を圧倒しキング・オブ・スニーカーの名を欲しいままにする最高のモデルだ。

シンプルなフォルムとカラーリング、
適度なボリューム感がどんなスタイルにも合わせ易く、
幅広い世代に重宝されている。

クッション、ホールドなど疲れにくいと好評の逸品だ。

スニーカーのサイズはどうやって選べばいいの?

NIKIの靴は外人の足がベースになっているために
全体的に横幅が狭い傾向にあります。

そのため平均的に横幅が
大きいのが日本人には大きめがあっているようです。

シューズの種類や足の形にもよりますが、

一般的に0.5cm〜1cm

大きめのものを買う人が多いです。

「レトロ」と「オリジナル」の違いってなに?

スニーカーに興味を持っている根強いファンは多い。

雑誌の広告などで、同じ方でも
「レトロ」と「オリジナル」がありこの違いは何と
疑問に思う人もいるかもしれません。

例えば10年前に発売されたスニーカーが、
また、復刻して再販されたとします。

当時発売されていたものを「オリジナル」
復刻して再販されたものを「レトロ」

とナイキでは使い分けているようです。

たいてい「オリジナル」の方が
値が高くつくようです。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。